news子供向けコンテンツで新型コロナウイルスについて英語で学ぶ

2020.03.30

こんにちは。先週の東京都知事の外出自粛要請、急激な感染者増加で不安な方も多いのではないでしょうか。GKも今週からすべてのレッスンをオンラインに移行しました。

先週まで子ども達と話していて、新型コロナウイルス(COVID-19)についてよく知っている子と、あまり知らない子がいました。こんなときだからこそ、子どもなりに考え自分の命は自分で守る、そして周りの人について考えられる人になってほしいなと思いました。

そこで、日本語で子供が学べる新型コロナウイルス(COVID-19)についての情報を調べましたが、あまり出てきませんでした。一方、英語で探したら子ども向けのアニメーション動画や親向けのレクチャー記事などが多数出てきたのでご紹介したいと思います。

新型コロナウイルスについて英語で学ぶ

Stanford University

スタンフォード大学のTwitterで公開されたアニメーション動画です。言葉を使わず、アニメーションで分かりやすく表現されています。小さい子でもわかりやすいかと思います。

Peekaboo Kidz: What Is Coronavirus? 

YouTubeの子ども向け番組による、新型コロナウイルス説明動画。話すスピードも速すぎず、子どもがわかるような言葉で話されています。

CBC News : Explaining coronavirus to kids

カナダのニュース番組によるアニメーション動画。CBCはテキストニュースも子供向けのコンテンツが充実しています。フォニックスの基礎が入っていれば読める位の言葉で説明してくれるので、読み書きができるようになってきた子は、助けがなくてもある程度理解できる内容になっています。

Eurac Research: The coronavirus explained to children

イタリアのリサーチセンターによる動画。ウイルスとは?というところから説明してくれるので、大人でも見ていてへぇーと頷く内容になっています。字幕もあるのでわかりやすいです。

世界の正しい情報をいち早く手に入れるスキルは身を守ることにつながる

新型コロナウイルスのように、世界で日々新しいことが起こる中で、日本語だけで情報を入手しているとタイムラグが生じたり、また情報の量にも限りがあったりします。英語ができれば世界中の情報にいち早くアクセスできること、こういった危機的状況下では、一か所ではなく多方面から正しい情報を入手することは命に関わるということ、そのすべを子ども達に身に付けさせるのは大人の役目であることを多くの人に知ってもらえたらと思います。また、日本で起きていることを世界に伝えることは、世界の誰かの命を救うことにつながるかもしれません。子ども達には視野を広く持って常にグローバルな視点で考えられるようになってほしいと思います。